プレハブ住宅メーカーが原点!?ハウスメーカーの雑学を分かりやすくご紹介!

こちらのサイトは、これから注文住宅を建てるといった人に対して工務店ではなくハウスメーカーを選びたい人に最適な雑学を分かりやすくご紹介していきます。
北欧住宅やツーバイフォー、輸入住宅などに憧れを抱く人は思われますが、このようなメーカーが誕生したのはプレハブ住宅メーカーが原点であるなど意外と知られていないことにも触れていますし、依頼先として選ぶメリットやデメリットそして標準仕様にプラスするイメージなど幅広く触れて行くことにしましょう。

プレハブ住宅メーカーが原点!?ハウスメーカーの雑学を分かりやすくご紹介!

ハウスメーカーと聞くと家のブランドのような印象を持つ人も多いかと思われますが、ハウスメーカーの歴史は意外と古く1950年代後半です。
当時は在来工法が主流になっていたのですが、高度経済成長期に住宅の需要が高まり大量に家を建築しなければならなくなった、このようなときに誕生したのが工場内である住宅用資材を組み立てて半完成品とするプレハブの発想を利用した家づくりです。
これは大量生産ができるので、短納期で価格が安い家を建築できるメリットに繋がります。

ハウスメーカーが登場するまで住宅建築を担ってきたのは木造在来工法

長引くコロナ禍で、新築マンションや、戸建てを購入する人が増えました。
賃貸物件では、壁が薄かったりと人の騒音が気になったり、トラブルになる事もあります。
下の階の人を気にする事なく子供が走り回れたり、ピアノなどの楽器を楽しむ事ができる、戸建て住宅に人気が集まっています。
感染不安から人混みを避けるため家で過ごす時間が増えました。
仕事もテレワークが始まり、親子で家にいる時間が長くなった為です。
週末には庭でバーベキューをしたり、テントを張って流行りのキャンプを体験することも出来ます。
地震や災害に備えて食品倉庫を設置することも可能。
シェルターを作る事も可能です。
ハウスメーカーが登場するまで住宅建築を担ってきたのは木造在来工法です。
職人さんが住宅の基礎から壁、屋根まで全て手作りでした。
しかし今は工場で大量生産が可能になるのでハウスメーカーは原価を低く抑えられ、人件費も低くコストカットすることが可能になりました。

高度経済成長期に住宅の需要が高まりハウスメーカーが登場

戦後の焼け野原となった日本から高度経済成長期に住宅の需要が高まりこの時ハウスメーカーが登場しました。
当時は職人さんの手で一から作りあげられてきた為、工期も長く、資材も重量があり耐震の面から見ると優れていたとは言えません。
現代は、工場で大量生産が可能になるのでハウスメーカーは原価を低く抑える事が出来、人材確保も最低限の人数で施工することができます。
核家族化が進み、近所付き合いもなく、全て管理会社任せのマンションがとても人気でしたが、未知のウイルスにより、コロナ禍生活で戸建てに人気が集まりました。
おうち時間が増える中、いかに家族で充実した日を送るかを考えた時に、とても便利だからです。
広い庭で週末にはバーベキューを楽しんだり、プールにも入る事ができます。
有事に備えて食品備蓄倉庫を作ったり、ミサイルなどの攻撃から身を守るシェルターも設置することができます。
子育てで気になる子供が走り回る音も気にする事なく快適です。

ハウスメーカーはパネル化やユニット化などで工場での大量生産を実現

生活していく中で、欠かせないものは衣食住です。
ここ数十年日本は賃金は上がらず、人々は低価格の物を求めて来ました。
洋服もデパートで購入していた時代から、ファストファッションへと値段の安いものを求めるように変わりました。
長引くコロナ禍で、住環境も新築マンションを購入するより、戸建て住宅に人気が集まっている。
おうち時間が長引く中、下の階を気にすることなく子供は走り回れたり、週末にはにわでバーベキューをしたり、テントを張って流行りのキャンプを体感することが出来ます。
ハウスメーカーによっては有事の際には食品倉庫を設置したり、シェルターを完備することが可能。
昔は全て現場で、基礎から壁から屋根まで職人さんの手によって作られていました。
しかし、職人さんの人材確保や、材料費高騰を見直すため、画期的に見直されました。
ハウスメーカーはパネル化やユニット化などで工場での大量生産を実現できますので、工期も短縮することができコスト削減にもつながる。

ハウスメーカーのコストが安い理由は規格化にある

発明家を利用する場合、コストが安いケースが少なくありません。
工務店だからといって高いわけでは無いものの、ハウスメーカーの中にはローコストで行うところがあるのも事実です。
そもそも、ローコスト住宅がなぜ実現できるかを真剣に考えた人は少ないはずです。
もし気になる場合には、規格化と言う言葉がキーワードになっていると考えて間違いありません。
ハウスメーカーは、最初から企画された住宅が存在しています。
つまり、出来上がった住宅が存在しておりそこに色々と付け加えてオリジナルの建物にする流れになります。
いわゆる、完全オリジナル住宅と言うよりも半分だけオリジナルの住宅と言う形になります。
このような方法を採用することで、ハウスメーカーを選んだ依頼者側の欲望を満足させることができるに違いありません。
結果から言えば、これにより伸びているハウスメーカーもある位です。
これを何度も行うことにより、有名になった会社も少なくありませんので、方向性は正しいと言えるでしょう。

ハウスメーカーの多くは対応エリアが限定されない

ハウスメーカーは地域密着型の工務店と違って、多くの場合は対応エリアが限定されないといえるのではないでしょうか。
これは全国展開しているハウスメーカーに見られる傾向で、各地に支店などの拠点を置いているところほど強く見られます。
対応エリアを売りにしているハウスメーカーであれば、地域を問わずどこでも相談できますし、必要によってはすぐに駆けつけられます。
特定の地域に特化していない分、北は北海道から南は九州や沖縄にまで対応できるわけですが、全国対応には一長一短があります。
強みといえるのはエリアを気にすることなく相談できることで、逆に弱みとなるのは、必ずしも地域に適した家づくりを得意としているわけではないことです。
工務店はエリアこそ限定されるものの、ハウスメーカーとは異なり、相談に応じて環境に適した家づくりを提案できますし、最大限期待に応えようとします。
フットワークの軽さはどちらにもありますが、一方は広さで一方は近さによる早さですから、性質が異なり単純には比較できないのではないでしょうか。

住宅の構造や工法はハウスメーカーごとに異なるので得意領域で絞り込みができる

コロナ禍で人の意識は変わりつつあります。
地球温暖化や環境破壊などにより気温が上昇するとともに不衛生な場所から新たな脅威のウイルスが、次々と発生しています。
コロナをきっかけに、おうち時間が増え、新しく住居を構えよえと家探しを始める人も多い。
戸建てであれば下の階を気にすることなく、子供達は走り回れたり、音楽を演奏したりでき伸び伸び暮らせます。
週末には庭でバーベキューをしたり、テントを張って流行りのキャンプを体験する事ができます。
家探しをするにはまず住宅の見学から始まります。
昔は大工の職人さんが基礎から屋根まで手作業で作りあげていました。
そのため工期も長く、耐震制に優れているかどうかもわかりません。
現代は工場で大量生産が可能になるのでハウスメーカーは原価を低く抑えることができる。
さらに住宅の構造や工法はハウスメーカーごとに異なるので得意領域で絞り込みができます。
それを踏まえた上で住宅展示場で見学することをおすすめします。

ラグジュアリーや北欧などハウスメーカーにはそれぞれこだわりのあるデザインが特徴

一生に一度の大きな買い物が家です。
オリンピックやウクライナとロシアの戦争により、物価も高騰し、建築資材の値段も上がっています。
新築マンションを購入しても資材の調達ができず、工期が伸びてしまう事もあります。
長引くコロナ禍で、マンションよりも戸建てに注目が集まって居ます。
子供がいる家庭では走り回っても音を気にする事なく暮らせる事。
広い庭で、週末にはバーベキューをしたり、テントを張ってキャンプもできる。
有事の際には備蓄倉庫を設置しておけば、避難所生活をする事もなく過ごせます。
初めに土地探しから始めます。
元々親から受け継いだ場所に建てる人、あらたな土地を購入する人もいます。
ハウスメーカーを決めますが、色んな特色があります。
有事に備え、オールド電化で自家発電できる家や、省エネに特化した家、シェルターが完備された家もある。
ラグジュアリーや北欧などハウスメーカーにはそれぞれこだわりのあるデザインも特徴です。

省エネ重視や価格帯重視などハウスメーカーはこだわりで選ぶことも可能

人が暮らしていく上で衣食住は欠かせないものです。
特に住む家は一番高い買い物です。
新築マンションでは、スポーツクラブやレストランが完備されて居たり戸建てにはない空間もあります。
しかしコロナ禍で戸建て住宅が人気を集めています。
下の階を気にする事なく走り回れたり、週末には庭でバーベキューをしたり、テントを張って今流行りのキャンプを体験したりできます。
また、有事に備えて食品備蓄倉庫を設置したりシェルターを作る事も可能です。
夏には大きなプールで泳ぐ事もできます。
家を建てるには土地や住宅メーカーを決める事から始めます。
住宅展示場には、色んな特徴のあるハウスメーカーが並びます。
外観から見てわかる、総檜造りの家や、ラグジュアリーで豪華さを全体に出した家や、一見普通の特徴がなく見えて、実は機能性重視で、生活する上で同線が細かく分析された間取りにこだわりのある家もある。
省エネ重視や価格帯重視などハウスメーカーはこだわりで選ぶことも可能です。

都心の狭小地に注文住宅を建てることができるハウスメーカーもある

ハウスメーカーは、注文住宅という形で狭小地であっても建物を建設することが可能です。
一般的に、ハウスメーカーはモデルハウスを準備していますのでそれを参考にしてクライアントを求めている物件を探していくことになります。
この場合、十分な土地が確保されていることが多く家族生活を行うことができるための空間が確保されています。
一方で、通常ではない注文を受け付けているハウスメーカーもあります。
注文住宅と呼ばれるもので、非常に自由度の高い設計や要求を伝えることが可能です。
代表的なものが、狭い空間で設計を相談する場合です。
普通、狭小地で建設を行って行く時には高度なスキルが求められます。
横幅を取ることができない土地であるため、縦に長い建設を選択しなくてはいけないからです。
生活空間を十分に確保しながら、法律的にも問題のない設計を提案しなくてはならないのでこのような高度な物件を建設したいときには、注文住宅を請け負っているハウスメーカーを選択することはとても有益なことだといえます。

ハウスメーカーに関する情報サイト
生活を彩るハウスメーカー

こちらのサイトは、これから注文住宅を建てるといった人に対して工務店ではなくハウスメーカーを選びたい人に最適な雑学を分かりやすくご紹介していきます。北欧住宅やツーバイフォー、輸入住宅などに憧れを抱く人は思われますが、このようなメーカーが誕生したのはプレハブ住宅メーカーが原点であるなど意外と知られていないことにも触れていますし、依頼先として選ぶメリットやデメリットそして標準仕様にプラスするイメージなど幅広く触れて行くことにしましょう。

Search