プレハブ住宅メーカーが原点!?ハウスメーカーの雑学を分かりやすくご紹介!

こちらのサイトは、これから注文住宅を建てるといった人に対して工務店ではなくハウスメーカーを選びたい人に最適な雑学を分かりやすくご紹介していきます。
北欧住宅やツーバイフォー、輸入住宅などに憧れを抱く人は思われますが、このようなメーカーが誕生したのはプレハブ住宅メーカーが原点であるなど意外と知られていないことにも触れていますし、依頼先として選ぶメリットやデメリットそして標準仕様にプラスするイメージなど幅広く触れて行くことにしましょう。

プレハブ住宅メーカーが原点!?ハウスメーカーの雑学を分かりやすくご紹介!

ハウスメーカーと聞くと家のブランドのような印象を持つ人も多いかと思われますが、ハウスメーカーの歴史は意外と古く1950年代後半です。
当時は在来工法が主流になっていたのですが、高度経済成長期に住宅の需要が高まり大量に家を建築しなければならなくなった、このようなときに誕生したのが工場内である住宅用資材を組み立てて半完成品とするプレハブの発想を利用した家づくりです。
これは大量生産ができるので、短納期で価格が安い家を建築できるメリットに繋がります。

ハウスメーカーが登場するまで住宅建築を担ってきたのは木造在来工法

長引くコロナ禍で、新築マンションや、戸建てを購入する人が増えました。
賃貸物件では、壁が薄かったりと人の騒音が気になったり、トラブルになる事もあります。
下の階の人を気にする事なく子供が走り回れたり、ピアノなどの楽器を楽しむ事ができる、戸建て住宅に人気が集まっています。
感染不安から人混みを避けるため家で過ごす時間が増えました。
仕事もテレワークが始まり、親子で家にいる時間が長くなった為です。
週末には庭でバーベキューをしたり、テントを張って流行りのキャンプを体験することも出来ます。
地震や災害に備えて食品倉庫を設置することも可能。
シェルターを作る事も可能です。
ハウスメーカーが登場するまで住宅建築を担ってきたのは木造在来工法です。
職人さんが住宅の基礎から壁、屋根まで全て手作りでした。
しかし今は工場で大量生産が可能になるのでハウスメーカーは原価を低く抑えられ、人件費も低くコストカットすることが可能になりました。

高度経済成長期に住宅の需要が高まりハウスメーカーが登場

戦後の焼け野原となった日本から高度経済成長期に住宅の需要が高まりこの時ハウスメーカーが登場しました。
当時は職人さんの手で一から作りあげられてきた為、工期も長く、資材も重量があり耐震の面から見ると優れていたとは言えません。
現代は、工場で大量生産が可能になるのでハウスメーカーは原価を低く抑える事が出来、人材確保も最低限の人数で施工することができます。
核家族化が進み、近所付き合いもなく、全て管理会社任せのマンションがとても人気でしたが、未知のウイルスにより、コロナ禍生活で戸建てに人気が集まりました。
おうち時間が増える中、いかに家族で充実した日を送るかを考えた時に、とても便利だからです。
広い庭で週末にはバーベキューを楽しんだり、プールにも入る事ができます。
有事に備えて食品備蓄倉庫を作ったり、ミサイルなどの攻撃から身を守るシェルターも設置することができます。
子育てで気になる子供が走り回る音も気にする事なく快適です。

ハウスメーカーはパネル化やユニット化などで工場での大量生産を実現

生活していく中で、欠かせないものは衣食住です。
ここ数十年日本は賃金は上がらず、人々は低価格の物を求めて来ました。
洋服もデパートで購入していた時代から、ファストファッションへと値段の安いものを求めるように変わりました。
長引くコロナ禍で、住環境も新築マンションを購入するより、戸建て住宅に人気が集まっている。
おうち時間が長引く中、下の階を気にすることなく子供は走り回れたり、週末にはにわでバーベキューをしたり、テントを張って流行りのキャンプを体感することが出来ます。
ハウスメーカーによっては有事の際には食品倉庫を設置したり、シェルターを完備することが可能。
昔は全て現場で、基礎から壁から屋根まで職人さんの手によって作られていました。
しかし、職人さんの人材確保や、材料費高騰を見直すため、画期的に見直されました。
ハウスメーカーはパネル化やユニット化などで工場での大量生産を実現できますので、工期も短縮することができコスト削減にもつながる。

ハウスメーカーのコストが安い理由は規格化にある

発明家を利用する場合、コストが安いケースが少なくありません。
工務店だからといって高いわけでは無いものの、ハウスメーカーの中にはローコストで行うところがあるのも事実です。
そもそも、ローコスト住宅がなぜ実現できるかを真剣に考えた人は少ないはずです。
もし気になる場合には、規格化と言う言葉がキーワードになっていると考えて間違いありません。
ハウスメーカーは、最初から企画された住宅が存在しています。
つまり、出来上がった住宅が存在しておりそこに色々と付け加えてオリジナルの建物にする流れになります。
いわゆる、完全オリジナル住宅と言うよりも半分だけオリジナルの住宅と言う形になります。
このような方法を採用することで、ハウスメーカーを選んだ依頼者側の欲望を満足させることができるに違いありません。
結果から言えば、これにより伸びているハウスメーカーもある位です。
これを何度も行うことにより、有名になった会社も少なくありませんので、方向性は正しいと言えるでしょう。

ハウスメーカーに関する情報サイト
生活を彩るハウスメーカー

こちらのサイトは、これから注文住宅を建てるといった人に対して工務店ではなくハウスメーカーを選びたい人に最適な雑学を分かりやすくご紹介していきます。北欧住宅やツーバイフォー、輸入住宅などに憧れを抱く人は思われますが、このようなメーカーが誕生したのはプレハブ住宅メーカーが原点であるなど意外と知られていないことにも触れていますし、依頼先として選ぶメリットやデメリットそして標準仕様にプラスするイメージなど幅広く触れて行くことにしましょう。

Search